女性の育毛剤 シャンプーを徹底比較!

女性の育毛剤 シャンプー徹底比較! > シャンプーの成分の見分け方 > シャンプーの成分の見分け方

シャンプーの成分の見分け方

シャンプーの成分の見分け方

薄毛や抜け毛を改善するには髪に良い成分のシャンプーを探すことは絶対必要です!
界面活性剤入りのダメージ用を使っても意味はないところか
やっぱり髪の毛や頭皮に悪影響を与えるだけということに気が付きましょう

 

薄毛や抜け毛を少なくして解決の方向で勧めるためには
髪の毛に外のないシャンプーを始めとするヘアケア用品が必要になります。
界面活性剤の入った石油系成分が原料のものは髪の毛にダメージを与えます。

一昔前は製造メーカーのやりたい放題でしたが
現在ではヘアケア用品(シャンプーや育毛剤)に成分の成分表記が
完全に義務付けられています

しかし一般人がチェックしてもどの成分が入っていたら悪いのか?
などなど判別が難しいと思います。
このページでは簡単に説明していこうと思います DF186_L.jpg

シャンプーの成分は
大きく3種類に分類されます

それはだいたい
水分と界面活性剤(洗浄ベース成分)
その他の配合成分です

この3つの成分の中で大事になってくるのは
やはり界面活性剤ですね。

自然界の物質(アミノ酸やベタイン系etc)のものと
石油系の成分の硫酸系や高給アルコール系などのものと
界面活性剤には2種類存在します 頭皮の細胞(身体)に悪影響を及ぼすもあります。

特に下記の成分が入っているものは要チェックですね。

 

【主な石油系界面活性剤の成分】
ラウリル酸ナトリウム
ラウリル酸アンモニウム
ラウリス硫酸ナトリウム
スルホン酸
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩
キシレンスルホン酸アンモニウム
パレス−3硫酸ナトリウム
パレス−3硫酸アンモニウム

石油系の界面活性剤に関しては数が多く
確認されているだけでも2000種類以上もあります。
「硫酸」「ラウリス酸」「アンモニウム」などの表記があれば注意してチェックしましょう。