女性の育毛剤 シャンプーを徹底比較!

女性の育毛剤 シャンプー徹底比較! > 髪の毛とメラニン色素の関係 > 髪の毛とメラニン色素の関係

髪の毛とメラニン色素の関係

髪の毛とメラニン色素の関係

私たち人間の髪の毛の色は黒、金、銀、栗毛、赤毛など
様々ですが、これを決めるのが毛皮質に含まれるメラニン色素です。
髪の毛が黒いのもこのメラニン色素があるからです。

 

メラニン色素にはユーメラニンとフェオメラニンの2種類があり
ユーメラニンは濃い褐色フェオメラニンは黄色から赤に近い色をしています。
髪の色はこの二つのメラニン色素の配分量によって決まります。

たとえば一般的な日本人の髪の毛には
大量のユーメラニンと少量のフェオメラニンが含まれていますが
金髪はほぼフェオメラニンしか含まれていないので
日本人が脱色をしても欧米人のような金髪にはなりません。

 

この二つのメラニン色素を作成しているのがメラノサイトとよばれる細胞です。
日本名で色素生成細胞と呼ばれています。
メラノサイトは毛根部分の一番下にあり
髪の毛を作る毛母細胞と入り混じって存在しています。

メラノサイトの内部にはメラノソームと呼ばれるものがあり
それが次第に成熟することによりメラニン色素が作られ毛母細胞に送られます。

それが毛乳頭と呼ばれる器官から送られてきた18種類の
アミノ酸を材料にして細胞分裂を繰り返し髪の毛が作られますが
その過程で新しい髪の内部にメラニン色素が定着して髪の毛の色が決まります。

 

メラノサイトがメラニン色素をつくる時に
必要不可欠なものにチロシナーゼという酵素があります。
これは40歳前後で自然に減少傾向になり
メラノサイトが十分にメラニン色素を作れなくなってしまいます。
ということは、メラニン色素を多く含んでいない
髪の毛が作られることになり、これが白髪になります。

また白髪の生え始めに完全に白色にならないで薄い褐色になっているのは
ユーメラニンの生成が止まってしまっても
フェオメラニンの生成が続いているからなのです。

血行不良や毛乳頭の障害など、白髪と脱毛は同じで
抜け毛と同じく毛乳頭の機能低下ということでは共通したものがあります。

 

 

pickup! 女性専用のアミノ酸シャンプー

年々、女性の方の薄毛や抜け毛に悩む方が増えてきています。
特に加齢に伴って悩みが増えていくタイプの方に向けた
30代以降の方の評判の良い育毛シャンプーを
当サイトでも実際に購入してみました。

体験記として画像入りで使ってみた感想を掲載しています。
成分にこだわって作られたシャンプーです

→クリックしてシャンプー体験記ページをチェックする