女性の育毛剤 シャンプーを徹底比較!

女性の育毛剤 シャンプー徹底比較! > 髪の毛って何で出来ているの? > 髪の毛の構造や仕組みについて

髪の毛って何で出来ているの?

髪の毛の構造や仕組みについて

抜け毛や薄毛防止を考えているのでしたらまずは
髪の毛に関する仕組みを勉強するのも一つですね。

ここでは髪の毛の構造や名称や、仕組みについての情報をお伝えしています。

 

髪の毛は頭皮の表面に出ている部分(毛幹部といいます)と
頭皮表面から内側に潜っている部分(毛根部)に分かれています。
通常髪の毛と呼ばれているものは毛幹部のことを指します。

毛幹部は皮膚とは違い一度傷つくと修復能力がないので治る事がありません

毛根部は深ければ深いほどよく、浅いと元気で健康な髪の毛が育ちにくく、
まだ抜けなくていい髪の毛まで抜けてしまう異常脱毛が起こりやすくなります。
毛幹部の構造は3層に分かれていて
内側から毛随質(メデュラ)、毛皮質、毛小皮(キューティクル)になっています。

【毛髄質(メデュラ)】
毛髄質には色素や脂肪が含まれていてそれらを保持する機能を持っています。
新生児の髪の毛にはありません。
一般的に毛の太さはこの毛髄質の量によって決まります。

【毛皮質】
髪の毛の大部分を占めており繊維状になっていて髪の毛の強度を保ってます
人種による髪の毛の色の違いは毛皮質のメラニン色素の量によって決まります。

【毛小皮(キューティクル)】
よく耳にすると思いますが、髪の毛の根元から毛先に向かって
うろこ状に重なり合って表面を保護しています。

これらが剥がれてしまうと髪の毛の内部(毛皮質)が
ダメージを受けてしまい、パサツキなどが起こるようになります。
キューティクルは濡れているだけで簡単に開いてしまうので注意が必要です。

特に髪の毛がザラザラしていたり傷んでいる方で
市販の薬局で売られているシャンプーを使っている方は
成分の表示を確認してみるといいですね

市販の界面活性剤を使っているシャンプーの場合
極端に言えば、石油合成成分を髪の毛に付着させているようなもので
こういった成分の悪いシャンプーの利用も
髪の毛が傷んでしまう原因の一つでもあります

→話題の成分にこだわったエフキュアシャンプーを使ってみました