女性の育毛剤 シャンプーを徹底比較!

女性の育毛剤 シャンプー徹底比較! > パーマ・ヘアカラーとの関係 > パーマ・ヘアカラーと薄毛・抜け毛関係について

パーマ・ヘアカラーとの関係

パーマ・ヘアカラーと薄毛・抜け毛関係について

髪の毛のおしゃれの一つとしてパーマをかけたりヘアカラーをしたりします。
髪の毛に悪いことはほとんどの方が知っていると思いますが具体的にどう悪いのか?

 

まず最初にパーマの仕組みを説明しましょう。
正式にはパーマネントウェーブといい
薬剤とワインディングと呼ばれる手法によって人工的にくせを作り出すことをいいます。

まず1液とよばれる薬剤を髪の毛に塗布して髪の毛の結合をバラバラにします。
その後でロッドに巻きつけカールを作ります。
そして2液でそのカールを保持するという流れになります。

1液には良く使われる薬剤としてシステインとチオグリコール酸と呼ばれるものがあり
前者は弱く、後者は強く結合をバラバラにします。
これらの薬剤は髪の毛の強度によって
使い分けられ後者のほうが髪の毛のダメージが高いです。

パーマを頻繁にかけるということは
髪の毛が本来もつ結合を何度も破壊することですので、あまりおすすめはできません。
ただ、PPTと呼ばれる処理剤があり
これらを髪の毛に塗布することでダメージを最小限に食い止めることも可能です。

 

次にヘアカラーですが一般的に行われているのはヘアダイと呼ばれています
これはアルカリ性の薬剤にオキシドールを混合させ
髪の毛の色素を脱色させ、脱色させたところに薬剤が入りこみ染色するというものです。

ヘアカラーの場合もキューテイクルを破壊して
脱色させるので過度のヘアカラーはダメージが激しいです。

これにもトリートメントや透明マニキュアなどを施して
痛んでしまったキューティクルの補修を行うことが大切です。

 

傷んだダメージヘアをきちんとヘアケアしましょう

傷んだ髪をケアするためには
成分の良い育毛剤やシャンプーの使用が重要になってきます。
髪の毛や毛根・頭皮に刺激の少ない成分のものを
市販や大手薬局になるような商品をきちんと選ぶ必要がありますね

当サイトでも巷で評判のシャンプーを使ってみました
感想や体験記として画像入りで公開しています→体験記はこちらに掲載しています